jcss校正証明書を発行するメリット

JCSSとは計量法に基づくトレーサビリティ制度のことで、計量法の第8章に規定された国家計量標準配給制度と校正事業者登録制度から構成されています。校正事業者登録制度とは校正事業者を対象とした任意の制度であり、計量法関係法などを要求事項に適合しているかどうかを登録基準として採用しています。登録のための審査は事務所からの申請に基づき、その事業者の品質システムが適切に運営されているかを構成方法不確かさの見積もりや整備が攻勢を実施する上で適切であるかを観点よりNITEが行います。審査を終えて登録が認められたjcss登録事業者にはその証として特別な標章の入ったjcss校正証明書を発行することができます。また国際MRA対応事業者に対しては、登録のための審査に加え、国際MRA対応状況確認するための定期審査が行われます。JCSS標章やシンボル付きのjcss校正証明書があることで、そのマークによって日本の国家計量基準のトレーサビリティが確保されて、校正事業所の技術能力のあることが一目でわかるというメリットがあります。

jcss校正証明書であれば間違いありません

jcss校正証明書をご存じでしょうか。ビジネスにおいても一般社会の常識という観点においても、メーカーの製品やサービス、環境配慮の基準などには校正の証明が求められます。従来の校正とjcss校正証明の違いは、jcssならその校正の精度が一定のレベルに達しているということをNITE認定センターが国に代わって審査して見事合格・登録を果たしている者によって行われる証明です。ですから国のお墨付きを受けている校正システムと言っても過言ではありません。当然それだけに信用度も抜群で、顧客やパートナーとして今後関わることを検討している多くの企業などからの信用度を上げる基準としてもとても有効な証明書になるでしょう。逆にこの証明なくしては評価をいただくことができないと言っていいでしょう。仕事をする上で信用は一番大切な根拠ですので、校正の証明を行われる方や企業は頭に入れておかねばらなないビジネス上の常識です。

jcss校正証明書について

JCSSは、計量法に基づく校正事業者登録ならびに認定制度です。特許に準じた国家標準器とトレーサビリティーのある校正を行うため制度です。計量行政の不確かさを認めてもらうには、JCSSの認定を受けた業者に測定器の校正を依頼し、jcss校正証明書の発行、入手しなければなりません。また、都道府県の検定所による計量検定や、大学や企業などの実験室の計量器の測定は、一般的な検定とは異なります。これらの検定では、校正証明書は必要としません。測定器の不確かさをつけるには、その測定器をJCSSの認定業者に持ち込み、申請を行い、校正証明書を発行してもらうか、自ら校正する必要があります。ここで注意したいのは、認定業者以外の会社にJCSSの校正を依頼することができません。また、JCSSの校正証明書を、海外の校正機関の校正に置き換えることも可能です。